自宅にある不要なものを処分|家電買い取りなら業者へ

男性
  1. ホーム
  2. 売り先選びが大切

売り先選びが大切

船

収入が得られる場合もある

漁船やプレジャーボートなど、個人で所有する船舶を廃船にする際は、船舶解体を行うと良いです。その理由は船舶解体によってパーツを買取業者に販売出来るからです。これにより、廃船コストを最低限に抑える事が可能で、場合によってはパーツの販売によって収入が得られます。船舶解体においてはパーツの買取業者選びが大切で、パーツごとに販売先を変えると良いです。パーツは電装品、エンジン、その他の金属部分に大別出来ます。中でも最も手軽にパーツを販売出来るのが電装品関係で、これらは自分で取り外す事が容易です。そして、例えば取り外したGPS魚探やデッキライトなどは、マリーナや中古艇販売業者に買取を打診してみましょう。こういった業者はパーツを集め、ボートなどを艤装してから販売しているため、細かいパーツでも比較的買取意欲が高いです。次に、バウレールやスタンレールなどの金属部分も、自分で取り外しが可能なパーツです。この際、廃船が前提なので、レール付け根のFRPや木部が破損しても気にする必要はありません。そのため、取り外し作業は短時間で終わります。販売先の業者は、船舶解体を行なった場所から最寄りの金属買取業者や、スクラップ業者を選びましょう。解体現場から近い事が大切で、電話一本ですぐに回収に来てくれるばかりか、解体を手伝ってくれるケースも少なくありません。最後はエンジンの販売です。エンジンを自分で取り外す事は難しいので、中古艇販売業者に依頼しましょう。そして、エンジンの解体が終わったら廃船業者で手続きを行い、廃船を完了させます。